Hole.7~Hole.9

距離のないミドルホール。ティショットの目標はケヤキの木の右側。OBは無いが2打地点に左右4個のクロスバンカーが横たわる。距離よりもコントロールが要求されるホール。グリーンは4方向をガードバンカーに囲まれてはいるが、花道は広い。グリーン奥からのアプローチは難しくなる。

距離のあるショートホール。右サイドの池はさほど気にならない。風の影響も少なくグリーンは縦に長く受けているので、ウッドで充分ワンオンが可能である。ただし、左側斜面の下には池があり、フックは禁物。距離がある分難易度は高いが、ワンオンの満足度も大きい。チャレンジスピリットを掻き立てるホール。

コース中で最も難易度の高いロングホール。ティショットは右のクロスバンカーと左の池に注意しながらフェアウェイセンターへ。グリーン手前の左サイドには大きな池が張り出すため、セカンドショットはフェアウェイの右側へ運びたい。難しさとは裏腹に景色の美しさが際立つホール。グリーンはアンジュレーションがきつい。